React + ReduxのプロジェクトにAtomic DesignとImmutable.jsを使ったらいい感じになった話

React + ReduxのプロジェクトにAtomic DesignとImmutable.jsを使ったらいい感じになった話

ちょうど一年前くらいなんですが、React + Reduxのサービスを作りました。んでさらに今回また新たにReact + Reduxでサービスを作り始めているのですが、前回の反省を活かして今回につなげられればと思います。まだサービス事態は作っている状態執筆しているので今後修正等も入りそうですが、とりあえず基本的な方針ということでまとめてみました。

PrivateリポジトリをBitbucketからGitHub管理にした5つの理由

PrivateリポジトリをBitbucketからGitHub管理にした5つの理由

タイトルの通りなんですが、今まではBitbucketでPrivateリポジトリを管理していたのですがGitHubが7ドルでプライベートリポジトリが無制限と知ってアレコレ理由をつけてGitHub一本にしたので、その辺をまとめてご紹介します。それではよろしくお願いします!!

Reactコンポーネントをnpmパッケージとして公開、さらにGitHub pagesにDemoページを公開する手順

Reactコンポーネントをnpmパッケージとして公開、さらにGitHub pagesにDemoページを公開する手順

前回の記事でもご紹介させていただいているのですが、Nimbus-jqueryというCSSフレームワークとNimbus-reactというReactコンポーネントライブラリをnpmに公開したので、その際に僕がやった手順をご紹介します。これからnpmパッケージを作って公開したいなーというかたの参考になればと思います。よろしくお願いします。

Reactのコンポーネントライブラリを作ってnpmに公開したお話

Reactのコンポーネントライブラリを作ってnpmに公開したお話

前回の記事「PostCSSでレスポンシブに対応したCSSフレームワークを作ってみました」でご紹介したCSSフレームワーク「Nimbus」を使ってReactのコンポーネントライブラリを作ってみました。基本的な見た目は「Nimbus」を全く同じです。Reactのコンポーネントライブラリ「Nimbus-React」のご紹介をさせていただければと思います。

PostCSSでレスポンシブに対応したCSSフレームワークを作ってみました

PostCSSでレスポンシブに対応したCSSフレームワークを作ってみました

今までがっつりPostCSSを触ったことがなかったので勉強の意味も込めてNimbusというCSSフレームワークを作ってみました。Nimbus(筋斗雲)にしたかというとレスポンシブに大きさを変えるという意味で命名しました。というかtable周りとレイアウト系はレスポンシブにこだわって作りたかったのでこれがいいなと。あとは僕がドラゴンボールの大ファンだからです(笑)ということでNimbusの概要や設計、あとはPostCssを使って困ったとこなどをご紹介します。

React + Reduxのプロジェクトでブラウザバックの時はscrollTopさせないようにする方法

React + Reduxのプロジェクトでブラウザバックの時はscrollTopさせないようにする方法

React + Reduxのプロジェクトの場合、基本的にページ遷移したらscrollTopさせるんですが、ブラウザバックの時などはscrollTopさせたくない場合があったりします。
その辺の実装が以外に簡単だったんでメモ。

Redux Formを業務で使っていてわかった!使えるTips

Redux Formを業務で使っていてわかった!使えるTips

業務でReactのサービスを運営・更新しているのですが、Form周り全般はRedux formを使っています。かなりの頻度でバージョンアップがされていて活気がある感じがします。しかも、6.0.*系の時よりも現在(2017/2/2)のバージョン6.5.0ではvalidationが使いやすくなりとってもいい感じです。今回はそんなRedux formのちょっとしたTipsをご紹介します。

ページの先頭へ