Node.jsをHomebrew経由のnodebrewでバージョン管理するようにしたのでやり方のまとめ

Node.jsをHomebrew経由のnodebrewでバージョン管理するようにしたのでやり方のまとめ

最近やっと、今更ですがNode.jsをHomebrew経由のnodebrewでバージョン管理するようにしたのでやり方をまとめます。

はじめに

Homebrewとは、Macのツールを楽にインストールできるパッケージ管理システムです。ソフトのインストール&削除」がHomebrewでできてしまいます。
例えばPHPのインストールやMySQLのインストールも一発でできます。

nodebrewとはnode.jsを自分のマシン内でversion管理するためのtoolです。最近はReactJSだったりAngulerだったりフロントの開発環境ではnode.jsを使う機会が増えてきました。npmを使うだけでも必要ですしね。バージョンアップの頻度も高いので今回はnodebrewでバージョン管理できるようにします。

Xcodeの導入

Homebrewを使うには「Xcode」というツールが必要になります。
App StoreからXcodeをインストールしてください。

Command Line Tools for Xcodeのインストール

Homebrewのインストールには、Command Line Tools for Xcodeが必要です。

$ xcode-select --install
xcode-select: note: install requested for command line developer tools

Homebrew インストール

以下のコマンドを叩くとインストールが始まります。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrew

nodebrewをHomebrew経由でインストールする

brew install nodebrew

インストールした nodebrew を起動。

nodebrew

Node.js を使うためのパスの設定

.bashrc や .zshrc に以下を追加します。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

自分は .zshrc に追加した。
source コマンドで設定を反映させる。

source ~/.zshrc

.nodebrewディレクトリを作成する

 nodebrew setup

nodebrewでstable(安定版)のnode.jsをインストール

nodebrew install-binary stable

コンパイル済みのバイナリからインストール

nodebrew install-binary [version]

ソースをコンパイルしてインストール

[version]に例えばv6.2.0とやればそのバージョンがインストールできます。

node brew install [version]

使用するnode.jsのバージョン指定する

nodebrew list

上記を叩くと

v6.5.0

current: none

多分こんな感じで出ます。current: noneとなっていると思うんですが、これは現在使用中のnodeのバージョンが表示されます。現状noneなので使用するバージョンを今回インストールしたv6.5.0にします。

nodebrew use v6.5.0

まとめ

僕がすぐ忘れてしまうので備忘録的に記事にしました。何かの参考になればー

イチマルニデザインブログをフォローしよう

イチマルニデザインブログではTwitterアカウントでWebに関する情報をつぶやいています。フォローすることで最新情報をすぐに受け取ることができます

同じカテゴリーの記事

ページの先頭へ