WEBデザイナーが、初めてAWSにwordpress+網元でブログを作ってFTPでアップするまでに参考にしたサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBデザイナーが、初めてAWSにwordpress+網元でブログを作ってFTPでアップするまでに参考にしたサイト

このイチマルニデザインブログを作成するにあたりはじめからAWSを使おうというのは決めていました。その理由については今度ゆっくり記事にするとして、いろいろ四苦八苦したの参考にさせていただいた記事を紹介したいと思います。僕と同じようにサーバ周りを苦手とする方がAWSとwordpressでブログを制作するときに参考になればと思います。

まずなんでAWSにしようと思ったのか

AWS
これは勉強したいという興味が一番かもしれません。今デザイン、マークアップの担当しているWEBサービスでもAWSだったというのもあるかもしれません。さらに、ハンズオンのセミナーにも参加して興味がわいていたんですね。なので、実際に使ってみようということで。

今回の作業の流れ

1,AWSアカウント作成
2,サーバ構築(EC2でインスタンスを作成する)
3,お名前.com で取得したドメインを割り当てる
4,FTPソフトでアップロードしよう

何はともあれAWSのアカウント取得を取得しないとはじまらない

AWSのアカウントをお持ちでない方は、以下LIGさんの記事を参考にするといいかもしれません。とはいってもすごく簡単なステップでアカウントは作成できます。もしAWS知らないとか触ったこと無いという方は、試しにサーバ構築をしてみるのもいいと思います。そんな方にも分かりやすくサーバ構築する方法を記事にしてくれています。実際に僕もとりあえずサーバを立てて簡単なHTMLが見れるようにするまでやってみました。

もしこの後の作業でサーバにSSH接続する方法などが分からない場合などにも参考になります。

わずか5分!? AWSのEC2でクラウドなウェブサーバーを構築してみた
AWSのEC2でのウェブサーバーを簡単に構築する方法【2014年版】

AWS + 網元AMIでWordPressサイトを構築をしよう

なんだか聞き慣れない言葉「網元AMI」がでてきましたね。僕も今回はじめて知ったんですが、いろいろ調べてみた結果「AWSにwordpress乗っけるならこれ!」って言うものですね。AWSって基本的にPHPやMySQLとかも自分でインストールしないといけません。んで、自分で必要なもの全部インストールするのは大変!そこで登場するのが「網元」なんです。

網元AMI

網元AMIというのがwordpressを動作させるための環境(Linux,Nginx,PHP,MySQL)を簡単に構築できるパッケージみたいなものです。さらに、wordpressに最適化・チューニングされているのでwordpressで運用するなら「これ!」っていうものです。

EC2でインスタンスを作成する

実際にサーバを構築します。そのときに参考にしたのはGateSpaceさんの記事が一番分かりやすかったです。ちょっと手順をご紹介すると以下のような手順になります。

1. Region(リージョン)選択
2. Key Pairの作成
3. Security Groupsの作成
4. サーバーインスタンスを立ち上げる(網元)
5. サーバーインスタンスにグローバルIPアドレスを紐付けする

AWS EC2 + 網元でWordPressサイトを構築

他にも参考になるサイトがあるので紹介しますね


初心者のボクが「AWS + WordPress」でブログを作る! Vol.1 〜網元AMI なら3クリックでここまでできちゃう〜 #blogadvent

お名前.com で取得したドメインを割り当てる

やっぱり独自のドメインでブログを運営したいですよね。以下の記事がわかりやすかったです。

お名前.com で取ったドメインを Amazon Route53で管理し、サブドメインをはてなブログに割り当てるまで

参考までに手順はこちら

1. ドメイン取得
2. Amazon Route53 を設定する
2-2. Route53 でゾーンを作成
2-3. お名前.com でネームサーバーをRoute53に設定する

※実際に取得したドメインでアクセスできるようになるのは大体一時間くらいしてからでした。

さらに、以下の記事も合わせて読むといいかもしれません。
営業でも簡単!Route 53の基本設定

FTPソフトでアップロードしよう

例えば作ったオリジナルテーマをアップロードしたいですよね。ただ、網元AMIを使用している場合、ちょっと一手間加えないとアップロードができません。僕はここでどはまりしました・・・。

ちょっと説明すると、網元で作成されたwordpressのファイルは

/var/www/vhosts

に置かれています。ですが、このディレクトリはWeb サーバの実行ユーザ nginx が所有者となっており、SFTP クライアント等で直接ファイルをアップロードする事はできない状態なんです。なのでnginxユーザーでSSH接続ができるようにする必要があります。

網元で作成したインスタンスに(S)FTPクライアントソフトで接続するには?
nginx ユーザとして ssh 接続できるようにするには?

まとめ

おそらくこれでAWS + wordpress + 網元でブログが作成できたのではないのかなと思います。正直、僕も専門外なので手探りでした。ただ、なんとか構築することができましたし、運用もできています。

そして、初めてのことだったのですごく楽しかったですね。もちろんわからないことや今でもちゃんと理解していないとこもあるとは思うんですけど、新しいことを学ぶというのはやっぱり楽しいですし、刺激になりますね。

ぜひぜひみなさんもAWS + wordpress + 網元でブログを作ってみてくださいね。

イチマルニデザインブログをフォローしよう

イチマルニデザインブログではTwitterアカウントでWebに関する情報をつぶやいています。フォローすることで最新情報をすぐに受け取ることができます

いいなと思ったらシェアお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリーの記事

ページの先頭へ