スキルアップの目的でRailsとReactを使ってサーバーサイドレンダリングやってみた(Redux,react-routerも)

RailsとReactを使ってサーバーサイドレンダリングやってみた

スキルアップの目的でRailsとReactを使ってSSR(サーバーサイドレンダリング)やってみたいなと思い、調べながらやってみました。とりあえず動くものはできたので個人的にはいいかなと思うんですが、至らないとこも多々あると思うのでその辺りは多めにみていただければと思います。参考までに手順を載せますので何かのお役に立てれば嬉しいです。

[入門] これからReactでサービス作ってみたいっていう初心者にみてもらいたい記事とか

[入門] これからReactでサービス作ってみたいっていう初心者にみてもらいたい記事とか

これからReactを触りたい!できるようになりたい!サービス作ってみたい!って方向けに必要最低限のスキルというかツールとオススメの記事をご紹介します。ここにある記事を参考にしながらチュートリアルなどとりあえず何か作ってみると大体把握できるのではないかなと思います。

React + ReduxのプロジェクトにAtomic DesignとImmutable.jsを使ったらいい感じになった話

React + ReduxのプロジェクトにAtomic DesignとImmutable.jsを使ったらいい感じになった話

ちょうど一年前くらいなんですが、React + Reduxのサービスを作りました。んでさらに今回また新たにReact + Reduxでサービスを作り始めているのですが、前回の反省を活かして今回につなげられればと思います。まだサービス事態は作っている状態執筆しているので今後修正等も入りそうですが、とりあえず基本的な方針ということでまとめてみました。

Reactのコンポーネントライブラリを作ってnpmに公開したお話

Reactのコンポーネントライブラリを作ってnpmに公開したお話

前回の記事「PostCSSでレスポンシブに対応したCSSフレームワークを作ってみました」でご紹介したCSSフレームワーク「Nimbus」を使ってReactのコンポーネントライブラリを作ってみました。基本的な見た目は「Nimbus」を全く同じです。Reactのコンポーネントライブラリ「Nimbus-React」のご紹介をさせていただければと思います。

Redux Formを業務で使っていてわかった!使えるTips

Redux Formを業務で使っていてわかった!使えるTips

業務でReactのサービスを運営・更新しているのですが、Form周り全般はRedux formを使っています。かなりの頻度でバージョンアップがされていて活気がある感じがします。しかも、6.0.*系の時よりも現在(2017/2/2)のバージョン6.5.0ではvalidationが使いやすくなりとってもいい感じです。今回はそんなRedux formのちょっとしたTipsをご紹介します。

ページの先頭へ