2017年度版 WEB制作ですぐ使えるHTML5のテンプレート

2017年度版HTML5のテンプレート

IE11未満がサポートされなくなり、ブラウザのシェアも大きく変わり、ほとんどIE11未満を考えなくても良くなってきました。そういった経緯もあり2015年に作ったHTML5テンプレートを2017年度版にアップデートしました。

Ads

さっそくテンプレートをダウンロードしたい方はこちらで

HTML5で書く

2014年10月28日にHTML5の仕様が勧告となっています。よほどのことがない限りHTML5で書くのがいいでしょう。

<!DOCTYPE html>

CSSハックでIE対応

2015年度版 WEB制作ですぐ使えるHTML5のテンプレート | ichimaruni-designでは下記ののCSSハックをテンプレートに含んでいたんですが、2017年11月現在では必要ないと思います。

というのも、ブラウザのシェアで日本国内でもIE10以下はランキンに入っていませんし、そもそもIE10以下のサポートは終了しています。なので、思い切ってIE11からの対応でもありですね。

<!--[if lt IE 7 ]><html class="ie ie6" lang="ja"><![endif]-->
<!--[if IE 7 ]><html class="ie ie7" lang="ja"><![endif]-->
<!--[if IE 8 ]><html class="ie ie8" lang="ja"><![endif]-->
<!--[if (gte IE 9)|!(IE)]><!--><html lang="ja"><!--<![endif]-->

UA偽装

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">

詳しくはこちらで

viewport

<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">

詳しくは

スマホの文字サイズ調整

スマホの向きを縦にしても横にしても文字サイズが変わらないようにします。

body {
      -webkit-text-size-adjust: 100%;
    }

OGP

<meta property="og:title" content="タイトル">
<meta property="og:type" content="website">
<meta property="og:url" content="http://任意のURL">
<meta property="og:image" content="http://任意のURL/og_image.png">
<meta property="og:site_name" content="">
<meta property="og:description" content="" />
<meta property="fb:app_id" content="任意のID">

CSS

<link rel="stylesheet" href="css/normalize.css">

おすすめリセットCSS 5選 2017年版 【コピペで使える】 こちらからnormalize.cssでもreset.cssお好みで使う感じで

JavaScript

jQuery

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js"></script>
<script> (window.jQuery || document .write('<script src="js/jquery-3.2.1.min.js"><\/script>')); </script>

CDN使ったほうが、自サーバに置くよりも高速です。ただ、インターネットに繋がっていなかったりすると読込まれないので、それ用のJSも。
先ほどのブラウザサポートからもIE11未満をサポートする必要はないので、jQueryも1.X系は使わなくていいでしょう。2.X系と3.X系はサポートブラウザに差はなく、IE9以降をサポートしています。ただ、3.X系は再設計されて処理の呼び出しなどが異なるので注意が必要です。

IE8以下も対応したい場合

2015年版では必要だったのですが、現在は必要ないと思います。

<!--[if lt IE 9]>
    <script src="js/html5.js"></script>
    <script src="js/IE9.js"></script>
    <script src="js/css3-mediaqueries.js"></script>
<![endif]-->

role属性について

role属性(ランドマーク属性)とは、WEBページを構成する要素に対して役割を持たせるもので、文書構造に対し目印をつけることでWebアクセシビリティの向上を図ることができます。

役割っていうのがややこしいですが、例えばheader要素はページ内に何個あってもいいですよね。もっと具体的にいえばページのheaderとか、コンテンツ(sectionとか)内にあるheaderです。role属性である「banner」を付与することで、ページのheaderだよというように明示的に役割を付与することができます。

以下基本の文書構造として記載します。

header

<header role="banner">
    <h1>ロゴ</h1>
</header>

bannerはヘッダーを表します。基本的にページ内で1個だけです。

nav

<nav role="navigation">
    グローバルナビ
</nav>

navigationはドキュメントや関連するドキュメントのナビゲーションを示します。ちなみに、navはリンク先が主要なページのときに使うのが適切なので、グローバルナビは当てはまりますね。

main

<main role="main">
    メインコンテンツ
</main>

mainはドキュメントのうち主要なコンテンツを示します。ページに 1 つのみ。
なので、ドキュメントやアプリケーションの body のメインコンテンツを表す、main要素に使うのが適切ですね。

aside

<aside role="complementary">
    サイドコンテンツ
</aside>

complementaryはドキュメントを補助する情報を示します。asideが適切だと思います。

footer

<footer role="contentinfo">
    フッター
</footer>

contentinfoは、コンテンツに関する著作権やプライバシー情報へのリンクを示す。ページに 1 つのみ。コピーライトなどを表示するフッターがいいでしょう。

テンプレート

上記まとめると以下のようになります。とりあえず、今のところこんなかんじで良さそうなので、しばらくはこれで。多分、そのうち更新すると思います。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
    <meta name="description" content="">
    <meta name="keywords" content="">
    <meta property="og:title" content="タイトル">
    <meta property="og:type" content="website">
    <meta property="og:url" content="http://任意のURL">
    <meta property="og:image" content="http://任意のURL/og_image.png">
    <meta property="og:site_name" content="">
    <meta property="og:description" content="" />
    <meta property="fb:app_id" content="任意のID">
    <title>Document</title>
    <link rel="stylesheet" href="css/normalize.css">
    <link rel="stylesheet" href="css/style.css">
</head>
<body>
    <header role="banner">
        <h1>ロゴ</h1>
    </header>
    <nav role="navigation">
        グローバルナビ
    </nav>
    <main role="main">
        メインコンテンツ
    </main>
    <aside role="complementary">
        サイドコンテンツ
    </aside>
    <footer role="contentinfo">
        フッター
    </footer>

  <script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js"></script>
  <script> (window.jQuery || document .write('<script src="js/jquery-3.2.1.min.js"><\/script>')); </script>

</body>
</html>
body {
    -webkit-text-size-adjust: 100%;
}

ダウンロードはこちら

いいなと思ったらシェアお願いします

同じタグで検索

Ads
ページの先頭へ