【書評】プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則

書評 プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則

名著と呼ばれる「プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則」を読みました。一回読んでもまたしばらくしたら読み返すべき本。

Ads

プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則

確実に良いコードを書けるようになりたい人へのヒントが満載の本です。もっと早くに読んでおけばよかったと思える本でした。
「3年目までに」となっていますが、ある程度何かしらの開発に従事している期間があればいいのかなと思いました。というのも、抽象度の高いので、実際の開発している場面を思い浮かべながら当てはめて読むのがいいと思います。

kindle版はこちら
プリンシプル オブ プログラミング 3年目までに身につけたい 一生役立つ101の原理原則

書評は不要だと思うので僕が特に気に入った文章をいくつかピックアップします。

  • コードを書く時、最優先の価値を「単純性」「簡潔性」に置く
  • プログラミング中、「動作させるために、もっともシンプルなものは何か」と常に問いかける
  • コードは「多分必要になるだろう」「必要になるかもしれない」で書いてはいけない。本当に必要になった時、必要なものだけ書く
  • コードを書く時には、「書きやすさ」より「読みやすさ」を重視する
  • 最高のコードとは「拡張方法が多く存在し、余分な要素が存在せず、読みやすく、理解しやすい」コード

いいなと思ったらシェアお願いします

同じタグで検索

Ads
ページの先頭へ