Reactコンポーネントをnpmパッケージとして公開、さらにGitHub pagesにDemoページを公開する手順

Reactコンポーネントをnpmパッケージとして公開、さらにGitHub pagesにDemoページを公開する手順

前回の記事でもご紹介させていただいているのですが、Nimbus-jqueryというCSSフレームワークとNimbus-reactというReactコンポーネントライブラリをnpmに公開したので、その際に僕がやった手順をご紹介します。これからnpmパッケージを作って公開したいなーというかたの参考になればと思います。よろしくお願いします。

Reactのコンポーネントライブラリを作ってnpmに公開したお話

Reactのコンポーネントライブラリを作ってnpmに公開したお話

前回の記事「PostCSSでレスポンシブに対応したCSSフレームワークを作ってみました」でご紹介したCSSフレームワーク「Nimbus」を使ってReactのコンポーネントライブラリを作ってみました。基本的な見た目は「Nimbus」を全く同じです。Reactのコンポーネントライブラリ「Nimbus-React」のご紹介をさせていただければと思います。

Redux Formを業務で使っていてわかった!使えるTips

Redux Formを業務で使っていてわかった!使えるTips

業務でReactのサービスを運営・更新しているのですが、Form周り全般はRedux formを使っています。かなりの頻度でバージョンアップがされていて活気がある感じがします。しかも、6.0.*系の時よりも現在(2017/2/2)のバージョン6.5.0ではvalidationが使いやすくなりとってもいい感じです。今回はそんなRedux formのちょっとしたTipsをご紹介します。

Reactで作られたサービスにグラフなどで統計データを表示したいときにおすすめのライブラリ 5選

Reactで作られたサービスにグラフなどで統計データを表示したいときにおすすめのライブラリ 5選

現在仕事でReact + Redux サービスのフロントエンドエンジニアとして運営に携わっています。B to Bサービスなのですが、この度管理画面上でグラフなどで統計データ・分析データを表示させることになりまして、良さそうなライブラリをいくつかピックアップしたのでご紹介します。

Webデザイナーでもできる!React + Redux + ES6でプロジェクトを始めるときの簡単なチュートリアル

react

前回の記事でReact + Redux + ES6をwebpackで動かすところまでやりました。初めてRedux + Reactに触る方を対象に前回の「Hello World」でテキスト表示までやったところからReduxでStateを変更・管理しViewに反映させるところまでやってみたと思います。

ページの先頭へ