ReactなどのSPAサービスを作ると割と問題になるリリースしたのにフロントの変更がなかなか反映されない時の対処法

ReactなどのSPAサービスを作ると 割と問題になる リリースしたのにフロントの変更が なかなか反映されない時の対処法

ReactなどのSPAサービスを作ると割と問題になるのが、リリースしたのになかなか反映されない!!ってことが起きます。ハッシュ付きのビルドファイルにすればいい話なんですが、この辺をwebpackでいい感じのやり方があったのでご紹介します。

CSSは簡単!CSSできる!って思っている人に読んでもらいたいCSSの難しいところ

CSSは簡単!CSSできる!って思っている人に読んでもらいたいCSSの難しいところ

CSSのセミナーの仕事で使おうかなと思っていたスライドがあったので、それを記事にしました。以前の記事とかぶるとこも結構あるのですが、全体的にまとまっているので特に初心者〜中級者の方に見てもらえたら嬉しいです。

JavaScript使ってるけどこんな時どうしたらいいか困った時に使えるTips

JavaScript使ってるけどこんな時どうしたらいいか困った時に使えるTips

JavaScript使っていて日付のデータになんか色々付いてる!とか、金額にカンマつけたいとかといった時に使えるJavaScriptの関数をいくつか紹介します。
僕も仕事で使っているものなので結構おすすめです。まだ少ないんですけど、随時更新していこうかなと思っています。ちなみに、jQueryは使っていません。

[入門] これからReactでサービス作ってみたいっていう初心者にみてもらいたい記事とか

[入門] これからReactでサービス作ってみたいっていう初心者にみてもらいたい記事とか

これからReactを触りたい!できるようになりたい!サービス作ってみたい!って方向けに必要最低限のスキルというかツールとオススメの記事をご紹介します。ここにある記事を参考にしながらチュートリアルなどとりあえず何か作ってみると大体把握できるのではないかなと思います。

React + ReduxのプロジェクトにAtomic DesignとImmutable.jsを使ったらいい感じになった話

React + ReduxのプロジェクトにAtomic DesignとImmutable.jsを使ったらいい感じになった話

ちょうど一年前くらいなんですが、React + Reduxのサービスを作りました。んでさらに今回また新たにReact + Reduxでサービスを作り始めているのですが、前回の反省を活かして今回につなげられればと思います。まだサービス事態は作っている状態執筆しているので今後修正等も入りそうですが、とりあえず基本的な方針ということでまとめてみました。

PrivateリポジトリをBitbucketからGitHub管理にした5つの理由

PrivateリポジトリをBitbucketからGitHub管理にした5つの理由

タイトルの通りなんですが、今まではBitbucketでPrivateリポジトリを管理していたのですがGitHubが7ドルでプライベートリポジトリが無制限と知ってアレコレ理由をつけてGitHub一本にしたので、その辺をまとめてご紹介します。それではよろしくお願いします!!

Reactコンポーネントをnpmパッケージとして公開、さらにGitHub pagesにDemoページを公開する手順

Reactコンポーネントをnpmパッケージとして公開、さらにGitHub pagesにDemoページを公開する手順

前回の記事でもご紹介させていただいているのですが、Nimbus-jqueryというCSSフレームワークとNimbus-reactというReactコンポーネントライブラリをnpmに公開したので、その際に僕がやった手順をご紹介します。これからnpmパッケージを作って公開したいなーというかたの参考になればと思います。よろしくお願いします。

Reactのコンポーネントライブラリを作ってnpmに公開したお話

Reactのコンポーネントライブラリを作ってnpmに公開したお話

前回の記事「PostCSSでレスポンシブに対応したCSSフレームワークを作ってみました」でご紹介したCSSフレームワーク「Nimbus」を使ってReactのコンポーネントライブラリを作ってみました。基本的な見た目は「Nimbus」を全く同じです。Reactのコンポーネントライブラリ「Nimbus-React」のご紹介をさせていただければと思います。

PostCSSでレスポンシブに対応したCSSフレームワークを作ってみました

PostCSSでレスポンシブに対応したCSSフレームワークを作ってみました

今までがっつりPostCSSを触ったことがなかったので勉強の意味も込めてNimbusというCSSフレームワークを作ってみました。Nimbus(筋斗雲)にしたかというとレスポンシブに大きさを変えるという意味で命名しました。というかtable周りとレイアウト系はレスポンシブにこだわって作りたかったのでこれがいいなと。あとは僕がドラゴンボールの大ファンだからです(笑)ということでNimbusの概要や設計、あとはPostCssを使って困ったとこなどをご紹介します。

ページの先頭へ